うつ病の症状に気づこう【症状の悪化を防止する】

もしも発症してしまったら

看護師

予め学んでおこう

昨今急増している病気の一つにうつ病があります。心の風邪とも言われますが、日本において増加の一途を辿っています。種類や症状もいくつかあります。まず大うつ病性障害です。何事にも興味がわかなかったり、物事への関心が低下してしまったりします。そして体重が減ってしまったり、眠れなかったりといった症状が現れます。他にも種類があり、双極性障害抑うついエピソードといったものがあります。これは躁うつ病といった方が聞き覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。とても前向きな思考の躁状態の時と、抑うつの時と気分に波があるのが特徴です。うつ病と双極性障害の抑うつエピソードでは治療法が異なってきますので医師の診断が非常に重要になってきます。医師の診断がとても重要になってくるので、病院選びはより慎重にされるのが賢明です。ではどのよう選べば良いかいくつか紹介していきます。まずは薬の副作用について十分に説明してくれる医師を選ばれると良いです。薬には副作用があり、逆に副作用のせいで生活に支障があることもあるので、副作用を知り、納得した上で服用されるのがベストです。次に挙げたいのが、予約の取りやすさです。症状が悪化した場合に備え予約が取りやすい病院が良いでしょう。日本で急激に増えている病の一つであるうつ病ですが、きっかけは、些細なことから始まり、じわじわとそれが積もりに積もって症状が出てしまうことがあります。例えば誰かに小言を言われたとします。誰でも小言は不快に感じるのではないかと考えられますが、その小言が数回、更には顔を見合わせる度に言われたとすると、もうその人と会うのが嫌になるでしょう。そしてしまいには会うのが恐怖に感じられ、食欲がなくなってしまったり、眠れなくなったりする症状が現れたら、うつ病を発症してしまっている可能性があります。これは一つの例ですが、うつ病になるきっかけは生活していく上で少なからずしも遭遇してしまっている可能性があり、誰にでも発症してしまうものであります。うつ病を防ぐためには、まずストレスを溜めすぎないということが挙げられます。もしも嫌なことがあったとしたら、それを誰かに聞いてもらうだけでも、心の負担はだいぶ軽くなります。うつ病予防に効果のあるものとして、会話はとても重要なことであると考えます。